ご挨拶理事長・校長のメッセージ

理事長  岸野 雅方

知識と技術、そして優れた人間性を
備えた「平成の医療人」になろう。

柔道整復師・鍼灸師による治療は、伝統医療としてこれまで多くの人々に親しまれてきました。近年はWHO(世界保健機関)においてその効用が認められ、西洋医学を補完する存在として期待されています。今後は医療分野のみならず、スポーツや福祉の分野でも一層必要とされる職業です。これまでの医療は、いかに疾病を癒やすかということに主眼が置かれていましたが、これからはいかに健康を維持するか、疾病を防ぐかという点に対する興味や関心が高まることは間違いありません。このような流れのなかで、柔道整復師・鍼灸師は、医師やメディカルスタッフと協力して人々の健康に貢献することが望まれています。平成医療学園が掲げる「平成の医療人」とは、今後必要とされる、知識と技術を身につけたうえで優れた人間性を備え、新しい時代における業界のリーダーとなりうる人材を指しています。そのためには、日々の学習や技術の習得はもちろん、人間性を高めることが強く求められます。平成医療学園は第一期生から、全国平均を上回る国家試験合格率を達成してきました。それは教員が一丸となって教育に当たったこともありますが、一番の理由は、この道を生涯かけて歩んでいこうとする学生諸君の決意と努力によるものです。平成医療学園は業界を革新する、新しい後継者を自らの手で育てようという志から生まれました。みなさんも先輩の後に続き私たちの仲間として、次世代のリーダーとして、そして「平成の医療人」としての誇りを胸に、医療の道を進んでください。

理事長 岸野 雅方

校長  北野 吉廣

今、あなたが夢みた姿をあなたの
将来の姿にする力と心を育てます!

本校は「業界の後継者を育てる」ことを教育の目的に掲げ、医療現場やスポーツの現場において、その伝統医学・東洋医学の知識と技術を知恵に変換して現場で発揮できるように「知識力」と「技術力」を融合した「臨床力」を持った「柔道整復師」「鍼灸師」の育成を目指しています。そのためには単に、教科書を理解し覚えることや、決まったトレーニングを繰り返す実技だけでは対応できません。
患者さんやスポーツ選手に対して治療するときに相手の痛みや苦しみを心から感じて共感できる「共感力」がなければなりません。
困った人を見れば、まず自らの身体が自然にその人に向かって手当していく勇気ある心と、やさしい気持ちで医療を施す豊かな心を備えた「人間力」が必要だと考えます。
本校は「臨床力」「人間力」を育み、今あなたが夢見ている姿を将来の現実の姿に導きます。

校長 北野 吉廣

沿革学校法人 平成医療学園の沿革

2000年4月
厚生省(現 厚生労働省)より柔道整復師養成施設の認可を受け、「平成柔道整復専門学院」創立。
2001年4月
大阪府より認可を受け、学校法人「平成医療学園」となり、校名を「平成医療学園専門学校」に改称。 専修学校医療専門課程となる。
2002年4月
「平成医療学園専門学校」に鍼灸師科を開設。
2005年4月
「横浜医療専門学院」 開校。
2006年4月
「平成医療学園専門学校」に東洋療法教員養成学科開設。
2007年4月
神奈川県より認可を受け、「横浜医療専門学院」を「横浜医療専門学校」に改称。 専修学校医療専門課程となる。
2009年4月
歯科衛生士を養成する「なにわ歯科衛生専門学校」を開校。
2011年4月
「宝塚医療大学」開学。
2014年4月
「平成医療学園専門学校」に日本語学科開設。

グループ校紹介全国に広がる平成のネットワーク

日本全国に姉妹校・提携校を持つ平成医療学園専門学校。合同模擬試験や実習・研修、教員交流など、独自のネットワークを生かし、充実した教育を展開しています。

グループ校地図

姉妹校

協力提携校

日本語学科について医療福祉系コース|進学コース

グローバル化が進み、複雑化していく社会の中で活躍するためには確かな知識と技術が必要不可欠なものです。ただの留学で終わらせない、将来に必要な知識と技術を身につけてもらうため、平成医療学園では「今」ではなく、「将来」のビジョンを皆さんと一緒に創造し、日本・アジアをはじめ、世界各国で活躍できる人材の育成を目指します。

全国柔整鍼灸協同組合について