医療の道で輝く平成女子たち!
医療の道で輝く平成女子たち!

女性がどんどん
チャレンジできる!

社会のニーズが高く、女性ならではの活躍の場も広がっていることから
平成医療学園専門学校でも鍼灸師や柔道整復師を目指す女性の学生が増えてきています。

I like HEISEI! 〜 平成医療学園のここが好き!〜

Q&A

Q1.女子はどのくらい?

A.鍼灸師科昼間Ⅰ部1年生は男女半々くらい!柔道整復師科昼間Ⅰ部1年は女性は2割くらいだけど、みんな仲良しだから少ないと感じません!

Q&A

Q2.実技や実習は
女性同士でするの?

A.もちろん男子とペアで行う授業もありますが、配慮はされてるな!って感じます!治療家になった時に必ず女性だけを治療するとは限らないので学生のうちに男性の治療を経験するのも必要だと思います!

Q&A

Q3.女性の先生はいる?

A.います!柔道整復師科は柔道があるけど女性の先生が授業をしてくれます。先生以外にも外部講師の先生にも女性がいるのでみんな安心です!

Q&A
Q&A

One day

Kちゃん
柔道整復師科 昼間Ⅰ部1年

午前はしっかり勉強!
ランチにバイトに
プライベートも充実中!

6:00 起床

ゆっくり学校に行く用意をします!

7:30 出発

電車にゆられて通学。ちょっと眠い日も...(笑)
学校が梅田なので、友達にうらやましがられます。

9:00 授業開始

柔道整復師になるために
身体のことやけがのことを学びます!

12:10 授業終了

今日の授業は終わり! 午後を有効活用します!!
日によっては、気になるゼミに参加します。

13:30 ランチ

今日は地元のカフェでキッシュランチ!
梅田のいろんなカフェにも行ってみたいな〜。

18:00 アルバイト

接客でコミュニケーション能力を高めます!

23:00 帰宅

今日も1日充実! おやすみなさい!

HEISEI Ladies!

  • 学んだ技術を生かし、
    鍼灸の可能性を追求!

    部活での怪我をきっかけにこの業界を志し、恩師である竹本先生の影響を受け柔道整復師・鍼灸師の資格を取得しました。両方の資格取得は大変でしたが自分の引き出しが増え活動の幅も広がり、多くの人を治すことに繋がっていると思います。”鍼灸の可能性は無限大!”と鍼灸に惚れ込み、最近では美容鍼を始めました。治療を通してたくさんの方々との出会いがあり、とても充実した日々を過ごしています。

    吉田 絵里香さん
    治療院勤務
    柔道整復師科 2012年卒業
    鍼灸師科 2015年卒業

  • 現場で働きながら、
    日々成長を実感!

    元々、鍼灸に興味がありましたが大学卒業後は販売業に就きました。ですが、”鍼灸がしたい”という思いが強くなり鍼灸師科・東洋療法教員養成学科へ入学。そして、教えることの楽しさに気付き教員の道へ進みました。現在は鍼灸サロンを開業し、鍼治療が怖い人にも安心してもらえる無鍼バリ療法も行っています。治ったら嬉しい!治らなかったら悔しい!と学ぶことの多い人生ですが生涯ステップアップ!と楽しい毎日です。

    西口 佐智子さん
    鍼灸サロン開業
    鍼灸師科 2007年卒業
    東洋療法教員養成学科 2009年卒業

  • 選手が活躍するたび、
    やりがいを感じます!

    高校時代からスポーツに関わる仕事がしたい!と思い、部活の顧問の先生から柔道整復師という職業を教えてもらい、家からの近さで平成に決めました。現在は大学のトレーニングセンターでトレーナーとして勤務しています。正直、きついことが多く何度もやめたいと思いますが、サポートしている選手が活躍した時の嬉しさや一緒に喜べる楽しさがあるから頑張れています。トレーナーは大変な仕事ですがやりがいのある仕事だと思います。

    海老田 リエさん
    大学トレーニングセンター
    トレーナー
    柔道整復師科 2013年卒業

Work

女性は結婚や出産・子育などライフステージに応じて大きく生活や環境が変化します。
鍼灸師・柔道整復師は国家資格であるため、生活の変化を経ても生涯に渡って続けられる仕事であり、
人の健康を守り、社会に貢献できる仕事として目指す女性が増えています。

Work
Work
Work
Work

あるある

知らず知らずのうちに習慣になっていることやみんなのお約束!
など、HEISEI女子ならではの「あるある!」を集めてみました。

  • Work
  • Work
  • Work
  • Work
ページの上部へ