鍼灸師、柔道整復師、スポーツトレーナーを育成する大阪の専門学校


MENU


訪問者別

CLOSE
CLOSE

吉本興業スポーツミュージカル energy vol.2笑う筋肉

2019-11-25 (月) 15:19 トレーナー活動

吉本興業による「energy」~笑う筋肉~のスポーツミュージカルが公演されました!

▼ポスターがこちら

14

▼会場の入り口はこんな感じ

15 16                        多くの演者さんたちが身体を使って迫力ある演技を見せてくれます。

この公演に向けてハードな練習と毎日2公演。

怪我や痛めることももちろんあります。

平成医療学園専門学校柔道整復師科学科長竹本先生が毎日サポートしており、

毎日いろんな演者さんたちが竹本先生のもとへやってきます。

17 18 19

学生も竹本先生の真剣な様子に学生たちも圧倒されていた様子。

少しでも何か手伝えることがあればと進んで協力していました。

20 21

演者さん、竹本先生本当に10日間お疲れ様でした。

10日間やり切った演者さんたちから竹本先生に感謝のメッセージがたくさん寄せられました。

 

「先生、春に続きかなりお世話になりました!!!
しんたろう共々ありがとうございました😊笑
出演前に先生との力強い握手が結構勇気貰ってて、ステージ楽しく舞えました。
本当にありがとうございますまたお会いしましょう、先生もお疲れ様でした!!!」

 

「先生のおかげで千秋楽まで駆け抜けられました〜〜!

ありがとうございました!最高!」

 

「今回も本当にお世話になりました!
竹本先生がいてる安心感半端なかったです!!!
またよろしくお願いします!」

 

「最終日、ボロボロの僕に声かけていただいて本当にありがとうございます。
ギリギリの所でパフォーマンスしてましたが
先生のおかげで怪我なく終えれました。」

 

など、先生と演者さんたちの近い関係性が伝わってきます。

また、一緒に帯同した柔道整復師科鍼灸師科学生たちの感想文をご紹介します。

一人一人の想いが伝わってくるので是非最後まで読んでみてください!

 

「実際に治療風景を見せていただいて思ったのは、限られた時間で多くの演者さんの要望に

応えれる事がとても大切であること。それに応えるために考えられる原因となることをすぐに

考えつき、治療していくことが大切なのだと思いました。僕が見せていただいたのは舞台の

前々日で、多くの演者さんが治療ブースに来られました。ですが、本番の日はもっと来られると

教えていただきました。練習の日だったので同じシーンの練習も数回あり、本番はそれぞれの

シーンは通しで一回で、より多くの人がより短い間隔で来られてとても忙しく、

正確に出演者さんが訴える症状の原因となる事を改善しなければならないと思いました。

貴重な体験ありがとうございました。」

 

「energyの治療風景を見学させていただき貴重な体験になりました。
舞台の2日前ということで、リハーサルの見学でした。皆さん体幹もしっかりとしたいい体を

しているのですが、かなり激しい動きや体に負担のかかる運動をenergyでは実施されるので

治療ブースに来られる方は本当に筋肉がゴリゴリに張っていました。この体の張りや緊張を

とってあげないと演者さんは最大限のパフォーマンスやエンターテインメントをできないので

トレーナーの力によってenergyは成功するか失敗するか決まってしまうと言っても過言ではないと

思います。そんな中たけもと先生は演者さんの痛みの原因部分を見つけだし、即座に治療をして

痛みを軽減し選手のケアなさっていました。

例えば「この筋肉がもっと張れば針さすなー」とか「これは電気あてたら楽なるわー」と

反射の速さで演者さんに説明して治療なさっていたのを見て、迷いもないしアドバイスが本当に

的確でトレーナーの鏡だと思いました。
そんなトレーナーになるには相当勉強しないといけないし、経験を積まないと行けないと思いました。

手技療法を少しやらせて頂きましたが演者さんは筋肉が相当張っていてすぐに手が痛くなったのが

悔しかったので、まず学生のうちに基礎当たり前にできるようにこれからもっと頑張ろうと

思えた1日でした。来年は一味も二味も違う自分になってまた参加させて頂きたいです。」

 

「今回、竹本先生のトレーナー活動を見学させていただきました。最終公演の前日であり、

長期間にわたる練習や本番の中で慢性的な痛みを抱えている演者さんが多いと感じました。

怪我の具合でなかなか痛みが取れない演者さんもいらっしゃいましたが、痛みが改善されるまで

原因を考え、施術しておられました。次々と治療ブースに演者の方が来られ、竹本先生と演者の

方々に信頼関係があるのが伝わってきました。また、その中でも優先順位や施術時間の計算をして

効率よく施術をしておられました。「ハイボルテージ」という機械を使った施術や股関節を牽引する

道具を使った技術など、さまざまな種類の施術を見ることができてとても勉強になりました。」

 

「連日の公演ともあり、治療ブースに来てケアされる方が多かったです。7,8人の演者さんの

治療をお手伝いさせていただきましたが、ストレッチや処置しながら痛めている部位を探すのは

時間がかかります。限られた時間や人員の中で正確に治療することは今回の規模でも大変だと

思いましたが、スポーツチームになってくるともっと制限があるので、トレーナーの力が

鍵になることを改めて感じました。また、先生と演者さんとの信頼関係が築けていたので身体の

細かな痛みであったり、精神的な部分までケアされていると感じました。コミュニケーションの

取り方も見習う点ばかりでした。

私は、今回電気の補助をさせていただきましたが、それだけでも緊張しました。

逆に演者さんの方が優しい方ばかりで助けられました。そういった緊張感は選手にも伝わると

思います。トレーナーの雰囲気やしぐさは影響してくると思うので学生の間にもっと経験を積んで

安心してもらえるようなトレーナーを目指していきたいと思いました。」

 

「舞台上での筋肉を使った圧倒的なパフォーマンスを影で笑わない筋肉達の歯車を回すべく

大活躍の竹本先生。
本番前の慌ただしい時間にテーピングを確認したり、本番中のすき間時間に演者さんのケアを

どんどんしていきます。先生と演者さんの会話は先生が作り上げてきた信頼関係と先生独特の

雰囲気に痛がりながらも緊張感漂う舞台裏で癒やしの一つになっているように感じました。

演者さんの状態を出演のタイミングや動きに合わせてケアを瞬時に判断して行っていく先生に

圧巻されました。学んで行きたい道の一つの輝きを見る事ができた経験となりました。」

 

「言葉を使わず、筋肉で魅せるミュージカルのトレーナーを任されていた竹本先生の活動を

見学させて頂きました。特殊なコンセプトゆえ演者さんたちの筋肉への負担が著しく、

皆さん本番前と公演後はもちろんのこと、出番の合間の短い時間でさえ先生の施術を求め

トレーナー室に足を運んでいて、いかにトレーナーのサポートが需要あるのか体感しました。

舞台上では一切見せない弱気な姿も先生の前では皆さん見せていて、先生が築き上げてきた

信頼関係が見てとれました。かなり症状が悪く、施術中悲鳴を上げる方々もいたのですが、

先生のユーモア溢れる人柄のおかげもあって、辛い表情の中皆さん時折笑顔も見せており、

トレーナー室は常に良い雰囲気だと感じました。限られた時間の中で瞬時に施術内容を判断し、

実行している先生の姿はとてもかっこよく、私もいつかこうなりたいと強く思いました。

元々ショーの舞台裏での活動を将来の目標の一つとしていたので、今回の見学は大変貴重で

勉強になりました。」

 

「energy vol.2笑う筋肉のトレーナー活動を見学して最初に、私は入学から今までトレーナー活動に

全く興味がありませんでした。
そんな私がトレーナーの見学に参加しようと思ったのは、エコーゼミでお世話になっている

竹本先生がトレーナーをしていると聞いたからです。energyはスポーツミュージカルという

ジャンルで、その名の通り筋肉だけを使ったインパクトのあるショーです。
10日連続公演の後半ということもあり、治療を求める俳優さんが多数おられました。
特に印象に残ったのが、メインの女優さんへの治療です。
症状は、痛くて左足に体重を乗せられないとのことでした。
ショーが始まる4時間前に来られて、エコーで検査しても異常は見つからず、手技、鍼、機械治療を

してもあまり良くならず、本番に向かわれました。
トレーナー室のモニターで観ていると、体重乗せられないくらい足が痛いとは思わせない

パフォーマンスを見て、プロ意識ってすごいなと感動しました。
前半が終わった中休みに再びトレーナー室に来られて、やっぱり痛い、と。
竹本先生は、足首に原因があると睨んで、手技を続けていたところ、女優さんの顔を見ると、

涙をポロリと流されており、そんなに痛かったんだと思うのと同時に、激痛に耐えてでも治して

舞台に立ちたいと思う女優さんの気持ちに胸を打たれました。
そして、竹本先生は、ここが引っかかってるんじゃないか?!と原因を見つけ、クリック音が

したと同時に女優さんの表情が少し緩み、体重を乗せれるようになりました。
そのあとはテーピングをして、女優さんは後半も最高のパフォーマンスを見せてくれました。

実際にトレーナー活動の現場に行って感じたことは、全員が治すため、治るために本気だという

ことです。自分も竹本先生のように治せる治療家になりたいと思いました。
そのためにも、日頃からに常に学び、実践していくことが必要だなと思いました。

最後に、このような貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。」

 

 

普段教えてくれている先生が、外の現場で実際に治療している姿を学生たちも間近にすることができ、

その場でしかわからない空気感や患者さんとの信頼関係、判断力の素早さや正確さが求められる

ということを実感することができたのではないでしょうか。

平成医療学園専門学校では真の柔道整復師や鍼灸師になるために、授業だけでは学ぶことができない

活動を通しながら日々励んでいます。

少しでも本校に興味を持った方がいれば幸いです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

 

今後もイベントがあります!!

 

次回のオープンキャンパスのご案内

日時:12月15(日) 午前10時30分~

特別講師:在阪球団トレーナー権田康徳先生

お申込みはコチラから

 

第2回トレーナーセミナーを開催します。

12月16日(月)18時スタート!

12                                   皆さんのご参加お待ちしております✩

▶申し込みはコチラ

 

年内ラストの12/15AO入試に向けてエントリーを受け付けております!!

エントリー期間:〔11/18(月)~12月3日(火)まで!〕

▶WEBエントリーはコチラから

 

 

 

~~~~1 平成医療学園専門学校の日常を知りたい方必見!~~~~

Instagram、Twitter、ほぼ毎日更新しております(笑)

HEISEIの様子をのぞき見してみてください♪ よかったらフォローしてくださいね(^^♪

3

Instagram→https://www.instagram.com/heisei_iryo_gakuen/

 

2

 

Twitter→https://twitter.com/heiseiiryo

 

=====================================
平成医療学園専門学校は、「平成の医療人」たる
柔道整復師・鍼灸師を養成する大阪の専門学校です
HP:https://www.heisei-iryo-gakuen.ac.jp/

TEL:0120-1049-91 事務室受付時間:月曜日~金曜日 10:00~18:00
⇒ 資料請求 / ⇒ 来校予約
======================================