鍼灸師、柔道整復師、スポーツトレーナーを育成する大阪の専門学校


MENU


訪問者別

CLOSE
CLOSE

Your future is
starting from HEISEI!

ミライは平成から!

「シンクロ矯正®
KADOMORI 院長」

シンクロ矯正®KADOMORI 角森 脩平 SYUHEI KADOMORI

SCROLL

シンクロ矯正®KADOMORI 角森 脩平

シンクロ矯正®KADOMORI角森 脩平

TSUNEYASU MIYAMOTO

PROFILE

カイロプラクター、鍼灸師、柔道整復師、メディカルトレーナー、テーピング療法指導員、調理師。18歳で平成医療へ入学。柔道整復師科・鍼灸師科を卒業後、鍼灸院で経験を積み株式会社カドモリを設立。シンクロ矯正KADOMORI新町サロン(大阪)・代官山サロン(東京)の院長として常に現場で施術する一方で、テレビをはじめとしたメディアにも多数出演。世界6階級制覇ボクサー、マニー・パッキャオ選手をはじめ世界中に顧客を持つ。

CAPTION 幅広い年齢層の人と話すメリットとは

角森先生が平成医療を選ばれて良かった、
と思う点はどんなところですか?

まずは講師が素晴らしいということですね。人として熱い方が多いという点と、もう一つは授業が非常に実用的だったという点ですかね。僕が生徒だった頃って非常勤講師の方が多かったんですよ。実際に治療院を開業されている方の指導だったので、説得力がすごいんですよね。成功体験や失敗経験からくる知識には、血肉が通っている実感がありました。あと、僕は18歳で入学したんですが、同期に30歳くらいの方が多かったのも良かったですね。学校以外の時間はそれぞれに仕事をされていたので、たくさんの人と交流することで単純に大人の世界を垣間見ることができたんです。

CAPTION 成功の秘訣は自慢話を聞くこと

実際に皆さん経営等をされているからこそ
リアルなお話を聞けた、ということでしょうか?

そうですね。僕、人の自慢話を聞くのが好きなんですよ(笑)。だって、自慢できるのは明らかに結果を出しているからで、それに伴う努力を重ねたということだから。どんな努力をすれば自信につながるか。そういったことも学びましたね。僕だって挫折はたくさんしたけれど、18歳からずっとトップに立ちたくて、絶対に成功しようと決めてやってきてますから。

そのハングリーさって忘れては
いけないことですよね。

確かに、すごくハングリーでした。当時は治療院で働きながら学校行って、お金が全然なかったから自炊して、寝ずに勉強して。よくやってましたよね(笑)。とにかく貪欲に、人よりも速く動く、という気持ちは今も大切にしています。

CAPTION 今、角森先生が挑戦したいこと

今も挑戦意欲は
失われていないのでしょうか?

持ち続けているつもりです。現在、ハワイに治療院を出すべく奮闘中なんですよ。言葉、文化、法律など様々な壁に日夜ぶつかっては、一つずつクリアしていっていますね。この目標、実は現在当社で働いているスタッフから出たものなんですよ。うちで一生懸命働いて信頼を勝ち得たのち、叶えたい夢として口にしたのがこの海外進出なんですね。今は、そんなふうに若いスタッフから発信された目標や夢を実現させることが、僕の何よりの挑戦と言えるのかもしれません。時代が変わっても、そういった挑戦意欲や、コミュニケーションによって育まれる力が不必要とされることはないでしょう。もし周囲の人間が行動を起していないのならば、まさに今が自分にとってのチャンスなのかもしれませんね。

学生へのメッセージ

MESSAGE

学生時代、僕は何よりも人とのコミュニケーションに時間を使っていましたね。もちろん座学からも多くの知識を得ましたが、昔も今も、人との対話に勝る勉強法はないと思っています。「確かな技術と人間力」というのが当社の社訓なのですが、この二つの両立があってこそ診療は成立しますから。技術的なことは学校で学び、それ以外の時間を使って人との対話から技術以上のことを学ぶんです。技術と知識のみに頼った、頭でっかちの医療人になっては絶対ダメ。初心を忘れないよう、僕は今でもリサーチをかねて他院に治療を受けに行っています。どんなに経験を積んでも、いまだに勉強になること、自分の会社に採り入れたいことはいくらでもあるんですよ。本当に、いくら学んでも学び終えることなんて絶対にないんじゃないか、と思っています。こういったことを学生の頃から心がけて行動していないと、実際の現場に出てからギャップに苦しむんじゃないでしょうか。施術はあくまで人対人、一対一なのだから、その人が何を求めているか?といったところに同調できる感覚は必須です。たくさん人と話し、人間力を養っていってください。