鍼灸師、柔道整復師、スポーツトレーナーを育成する大阪の専門学校


MENU


訪問者別

CLOSE
CLOSE

あはきコース

9:00~16:10/定員:10名

はきコース

13:00~16:10/定員:10名
(ただし、週2回は9:00~16:10)

指導者としても、治療家としても
成長できる充実のカリキュラム。

「はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師」の資格をすでに取得した人を対象に、専門学校など各教育機関での教員養成を目的とした学科です。専門性をより高めるとともに、指導者として必要な「伝える力」や「豊かな人間性」を身につけるための講義・実習が充実しています。教員としてはもちろん、一人の治療家としても成長できることでしょう。よりレベルの高い知識や技能を習得した、今後の東洋療法の担い手となる人材を育成します。

DETAIL 学科概要

取得できる資格

既に取得している国家の、養成校での教員資格

入学資格

はり師・きゅう師の資格を有するもの。又は、はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の資格を有するもの。
※免許取得見込者で、入学時に上記の入学資格に該当しない場合、入学は無効となります。

POINT 教育指導者を目指す3つのポイント

POINT

01

鍼灸治療を実践するための知識・技術を養う

鍼灸治療を行うにはまず、基礎医学の知識・診察・治療法について理解を深め、また鍼灸治療のために「現代鍼灸・特殊鍼法・中医臨床」の知識を学び、演習や実技を中心に臨床技能を高めます。

現代鍼灸

現代医学の理論に基づいた治療方法を学びます。解剖学に基づき、筋肉や神経などへの鍼灸刺激の効果や生体変化を学び、正確に筋肉や神経へ鍼を刺す技術を身につけます。

特殊鍼法

良導絡療法、知熱感度測定法、奇経療法、小児鍼など優れた治療法を学びます。

中医臨床

中医学の理論を体系的に学びます。「証」を決定するための四診法を習得し、治療方針や治療穴を導きだすための論理的思考を身につけます。

その他、美容鍼灸など専門領域での治療法なども学び、その実践を目指します。

鍼灸治療を実践するための知識・技術を養う1 鍼灸治療を実践するための知識・技術を養う2

POINT

02

臨床能力を高める

2年間行われる臨床実習は、授業で学んだ「現代鍼灸・特殊鍼法・中医臨床」の理論と技術、専門領域での治療法の実践の場となります。臨床実習を通じて、様々な症例を問診から検査・治療に至るまでのプロセスを経ることによって、「診断力や判断力」「対応力」「臨床力」を在学中に身につけることができます。臨床家としてはもちろん、優れた指導者としての要素を身につけることができます。
将来、鍼灸院や医療機関での勤務、開業などで幅広く活躍できる技術を身につけます。

臨床能力を高める

POINT

03

指導者としての能力を養う

教育者として必要な教育学全般についても学び、演習・実習を中心に積極的な授業参加と討論による学びのスタイルによって教員に必要な問題解決力やプレゼンテーション能力を養います。
2年次には、教育実習が行われます。指導教員の下、教壇に立ち授業を実際に行うことによって資料・教材作成力や説明力・コミュニケーションスキルを身につけます。また研究計画や実験法、論文作成法などの研究手法についても深く学び、卒業論文を作成することによって、エビデンスに基づいた鍼灸知識や研究力を身につけ指導者として必要な能力を養います。

指導者としての能力を養う

FLOW 学びの流れ

1年次

専門的な知識の習得

講義を中心に専門科目や教育科目を学び、それぞれの知識を深めていきます。

基礎知識と技術の習得

2年次

専門的な技術の習得

実技に加え、東洋医学臨床論やはりきゅう理論など、専門分野の習得を進めます。

応用知識と技術の習得

卒業後

現場で活躍

卒業後、現場ですぐ活躍できる力が身につきます。

国家試験と進路選択

カリキュラム紹介

1年次

専門基礎科目

社会医学特論
国民の健康や地域医療へのはり・きゅうの役割を学習します。
臨床医学論
疾患の概要・診察法・治療法・鑑別法について学習します。

専門科目

あん摩マッサージ指圧臨床学
あんまマッサージ指圧の基本実技・疾患別の治療法を学習します。
はりきゅう臨床学
鍼灸基本実技・疾患別の治療法を学習します。
あん摩マッサージ指圧応用学
各手技や運動療法など臨床への応用を学習します。
はりきゅう応用学
各手技や特殊鍼法など臨床への応用を学習します。
臨床実習
診察から治療までの流れを実践的に学習します。

2年次

基礎科目

人文科学
医学用語や、英会話、英文論文抄読などを学習します。

教職教育科目

教育学概論
教育理念について考察し、実現するための教育制度や学校のあり方について学習します。
教育心理学
教育に関して心理学の観点から学習します。
教育方法
授業構成要素及び授業の計画・実施・評価の方法について学習します。
教育実習
これまで習得してきた「専門的知識・技能」を指導場面で実践します。

専門基礎科目

人体形態学論
人体の基礎的な形態について学習します。人体の基礎的な形態について学習します。
人体機能学論
人体の基礎的な機能について学習します。

専門科目

東洋医学特論
さまざまな治療法や専門領域での応用や役割について学習します。
臨床実習
診察から治療までの流れを実践的に学習します。

関連分野

研究法
研究計画、統計学、論文の書き方について学習します。
卒業論文
研究テーマに基づいて研究・論文作成を行います。

授業風景ピックアップ

臨床実習

問診から検査・治療に至るまでの一連のプロセスと特殊鍼灸技術や手技を身につけます。2年目には附属治療所での鍼灸診療と臨床教育が行われ、臨床能力の客観的評価を行うとともに教員として必要な技能や心構えを習得します。

臨床実習

教育実習

「教育学」「教育心理」「教育方法」などの科目や実習を通して実践的教育能力を身につけ、2年目には平成医療学園の鍼灸師科で模擬授業を経験。卒業後、現場ですぐ活躍できる力と「伝える力」、そして自信を身につけます。

教育実習

INTERVIEW 卒業生インタビュー

たたら鍼灸整骨院 開業/平成医療学園専門学校 非常勤講師多田羅 勝広さん2016年 東洋療法教員養成学科 卒業

すぐに役立つ知識とスキルが向上します!

元々医療の道を考えていたのですが、鍼灸の治療を受けた際に感銘を受け、鍼灸師を志しました。養成科への進学は、鍼灸師科で勉強したことをもっと深く学びたい!と思ったからです。また、学校で後輩たちに勉強を教える機会が多くあり、教えることに興味を持っていたこともあったので進学を決めました。HEISEIは、臨床に出ている先生が豊富な知識を教えてくれるので、東洋医学を深く勉強できました。養成科では模擬授業などを通して教え方を学ぶ機会が多く教壇に立つ時にはその経験が役立っています。治療をするには知識が大切だと思います。新しい知識が必要という意味では教員も同じだと思います。自分のためになるので、養成科でもっと勉強して素敵な教員や治療家になってほしいです。

東洋療法教育養成学科 2年

MESSAGE 学科長からのメッセージ

東洋療法教員養成学科学科長内野 容子先生

東洋医学の後継者として活躍する人材を育成します。

東洋医学の一分野として「未病治」の概念は、人間の「自然治癒力」を高める「はり師・きゅう師・あん摩指圧マッサージ師」の技術です。近年この技術は欧米をはじめ世界中で効果が認められ、その有用性に関する科学的な解明が進んでいます。そこで求められているのが確かな知識と技術を身につけた「はり師・きゅう師・あん摩指圧マッサージ師」です。本学科では「東洋医学の良き後継者として活躍する医療人」を育てるため「教育・臨床・研究を指導できる指導者」の養成を目標としています。教員を目指す治療家や、豊富な臨床経験を次世代に残したい皆さんの入学をお待ちしています。

東洋療法教員養成学科学科長

東洋療法教員養成学科の募集要項

東洋療法教員養成学科へ進学をお考えの方へ

個別相談会を開催しています。平日10:00~18:00のご都合の良い時間でお申し込みください。

個別相談会のお申し込みはコチラ