鍼灸師、柔道整復師、スポーツトレーナーを育成する大阪の専門学校


MENU


訪問者別

CLOSE
CLOSE
ダブルスクール ダブルスクール

HEISEIのダブルスクール

柔道整復師科・鍼灸師科の両科に在籍して、短期間で3つの国家資格(柔道整復師・はり師・きゅう師)を取得しよう!
3つの資格を取得することで、治療の幅が 広がり、幅広い患者さんへの対応が可能となります。

職種としてのメリット

幅広い施術が可能!

就職先の選択肢が増えて有利

両分野を兼ね備えた治療院を開業できる

生活面でのメリット

自分のライフスタイルに合わせた時間帯に学べる

入学金免除と最大55万円の奨学金

履修単位を最大10学科免除

在校生インタビュー

最短でWライセンスを目指すための
サポートが充実しています。

将来開業することを考えてたので、Wライセンスの取得を決めました。理由は2つの資格を持っていた方が施術できる幅が増えるからです。また、早く現場で経験を積みたかったので、3年間両学部並行して履修できるHEISIEを選びました。授業以外の時間は、授業の復習など勉強することが多いですが、先生に質問しやすいで、わからないことはすぐに質問に行くよう心がけています。

1日のスケジュール

1日のスケジュール

在校生インタビュー

履修シミュレーション

3年で完了

4~5年で完了

6年で完了

OBの声

在学中は何気なく聞いていた話も、
治療家になってみると役立つ知識ばかりです。
覚えることも多く大変だと思いますが、将来の自分を見据えて
がんばってください!

開業されていますが、どのような患者さまが多いですか?

外傷の患者さまが多いです。捻挫・打撲・筋挫傷・骨折・脱臼など、地域でスポーツをしている方々(パパさん、ママさん)や学生なども多く診ています。
過去に近畿大学体育会ラグビー部でメディカルトレーナーとして10年間活動していました。現在トレーナー活動はしていないのですが、機会があればしたいと思っています。

OBの声1

どんな学生生活を送っていましたか?

朝は治療院で働き、お昼休みに近大のラグビー部でトレーナーとして活動。夕方に治療院へ戻り、また働いてから学校に通っていました。先に柔道整復師科に通っていたのですが、柔道整復師科の内容とは違い、鍼灸師科の東洋医学は覚えることが多いので苦労しました。

OBの声2

開業されていますが、どのような患者さまが多いですか?

柔道整復師科3年生の時に両方の資格を持っていた方が良いとは思っていましたが鍼灸師科への進学を考えたのは柔道整復師の国家試験が終わったころです。柔道整復師の資格だけではアプローチできない症状もあり、鍼灸師の資格も取り、治療したいと思いました。