奨学金奨学金に関する様々な質問にお答え!

日本学生支援機構奨学金について

日本学生支援機構奨学金とは?

日本学生支援機構とは、経済的理由により修学に困難がある優れた学生等に対し教育の機会をサポートするため、奨学金を貸与する独立行政法人です。奨学金は卒業後に返還になるので、安心して利用することができます。

奨学金は申請すれば、誰でも貸りられるの?

入学後すぐに申込者を募ります。推薦枠に漏れた方は秋に追加採用が行われ、そこで審査が通れば秋以降に貸与が開始されます。
(※ 秋の追加採用は必ずあるとは限りません。)

在校生の
奨学金利用者
割合
46%奨学金利用者46%。
約半数の学生が利用しています。

どういう人が選ばれるの?

家庭の経済状況(家計支持者の収入、世帯人数、就学者の人数など)と高校時の成績(本校に在学している生徒は本校における昨年度の成績)を総合して判断します。一人で悩まずご相談ください。

◎予約採用(高校生のみ)

高校在学中に申し込むことができ、進学前に採用が決定します。
※ 予約採用の募集時期は高等学校により異なりますので、在学中の学校にご相談ください。

◎在学採用(社会人も利用可)
  貸与金額 貸与期間 申込時期 申込資格
第一種奨学金
(無利子貸与)
自宅通学者
月額 30,000円・53,000円より選択
自宅外通学者
月額 30,000円・60,000円より選択
入学月~
卒業予定期まで
毎年4月 本学に在学する特に優れた生徒で、経済的理由により著しく修学が困難な者。
第二種奨学金
(有利子貸与)
月額
30,000円・50,000円・80,000円・100,000円・120,000円より選択
申込月~
卒業予定期まで
毎年4月 本学に在学する優れた生徒で、経済的理由により著しく修学が困難な者。年利3%を上限とする利息付(在学中は無利息)

入学後 学生モデルケース

学費を払えるか不安…そんな方でもご安心ください!本校では、ご自身で学費を払われている方が半数以上です。”授業が1日3時間”、”朝・昼・夜の3学部制”の本校だからこそ、ライフスタイルに合わせて、「収入」「学び」を両立できます。

そこで、実際に働きながら学校に通っている在校生の収入モデルケースを見ながら、入学後の生活をイメージしてみませんか? ※学費を分納した場合(3月・6月・10月納入)

Aさんの場合
Aさん
性別:
女性
年齢:
20代前半
学科:
鍼灸師科
学部:
昼間Ⅰ部
住まい:
実家暮らし
職業:
飲食店アルバイト
奨学金:
受けている
(第二種:月8万円)

<コメント> 昼間Ⅰ部に通っているので授業が12時10分までということもあり、昼から夜までアルバイトすることが可能で、時間を無駄なく効率よく過ごすことができます。
学費は自分で払っているのですが、アルバイト代で足りない金額を日本学生支援機構の奨学金を貯めて学費の分納に当てています。

収入
アルバイト収入 ¥100,000
奨学金 ¥80,000
収入合計 ¥180,000
支出
学費(※) ¥110,000
食費 ¥10,000
交通費 ¥6,000
趣味・娯楽 ¥12,000
衣服・美容 ¥10,000
通信費 ¥7,000
その他 ¥15,000
支出合計 ¥170,000

※学費を月々に割った場合必要となる金額

Bさんの場合
Bさん
性別:
男性
年齢:
30代前半
学科:
柔道整復師科
学部:
夜間Ⅲ部
住まい:
一人暮らし
職業:
治療院勤務
奨学金:
受けている
(第二種:月12万円)

<コメント> 整骨院で勤務していますが、朝から夕方まで勤務できるため、夜間Ⅲ部に入学しました。
また、入学前に教材購入費などの出費が多かったのですが、入試による奨学金給付を利用し、負担が少なくて助かりました。一人暮らしをしているため、生活費などの費用もかかるので、日本学生支援機構の奨学金を利用しています。

収入
アルバイト収入 ¥150,000
奨学金 ¥120,000
収入合計 ¥270,000
支出
学費(※) ¥110,000
家賃 ¥60,000
水道・光熱費 ¥12,000
食費 ¥25,000
交通費 ¥4,000
趣味・娯楽 ¥18,000
通信費 ¥6,000
その他 ¥30,000
支出合計 ¥265,000

※学費を月々に割った場合必要となる金額

教育ローンについて

本学では、日本学生支援機構の奨学金の他に、日本政策金融公庫や一般の金融機関による提携教育ローンがご利用いただけます。入学前に必要な入学金や授業料について、事前に可否審査も行っていますので、必要な初期費用が足りない方など、相談することができます。詳細につきましては、各金融機関へお問い合わせください。
※平成28年3月1日時点の利率となります。

日本政策金融公庫

商品名 国の教育ローン
申込対象者 保護者
資金使途 入学金・授業料等学納金など
申込方法 店頭窓口で申込み若しくは郵送
上限金額 350万円
実質年率 年1.90%
(公財)教育資金融資保証基金の保証をご利用いただく場合は、別途保証料が必要です。
(融資額、ご返済期間等に応じて保証料は異なります)
最長支払期間 15年
保証人 必要(保証人が付かない場合は、保証機関の保証が必要となります。)
借入金の振込 申込者口座への振込
必要書類 在学証明書写し、納付通知書、本人確認資料、所得証明書写し、公共料金支払い口座の通帳、
住民票(世帯全員記載)、印鑑証明
問い合わせ先 教育ローンコールセンター 0570-008656

日本政策金融公庫[国の教育ローン]ウェブサイト

株式会社オリエントコーポレーション

商品名 学費サポートプラン
申込対象者 原則保護者
資金使途 入学金・授業料等学納金など
申込方法 WEB若しくは郵送
上限金額 500万円
実質年率 4.10%
最長支払期間 約10年
保証人 原則不要
借入金の振込 学校の指定口座へ直接振込
必要書類 (1)学生証の写し
(2)「納付金のご案内」写し
問い合わせ先 【オリコ学費サポートデスク】
(お問い合わせ専用)
0120-517-325

【インターネット申込み】
(24時間受付)
www.orico.tv/gakuhi/

株式会社オリエントコーポレーション[学費サポートプラン]ウェブサイト

ジャックス

商品名 悠々プラン
申込対象者 原則保護者
資金使途 入学金・授業料等学納金など
申込方法 WEB若しくは郵送
上限金額 500万円
実質年率 4.2%(固定)
最長支払期間 10年
保証人 原則不要
借入金の振込 学校の指定口座へ直接振込
必要書類 ①学生証の写し
②「納付金のご案内」写し
問い合わせ先 ジャックス・コンシューマーデスク
0120-338-817

ジャックス[教育ローン]ウェブサイト

三井住友銀行

商品名 提携教育ローン
申込対象者 原則保護者
資金使途 入学金・授業料等 ※使用使途の確認書類が必要となります
申込方法 店頭窓口で申込み
上限金額 300万円
実質年率 3.475%(変動金利/無担保型)※所定の印紙代は別途要
最長支払期間 14年
保証人 原則不要
借入金の振込 申込者口座への振込
必要書類 銀行にてご確認いただく必要があります。(お申込される方により異なるため)
問い合わせ先 三井住友銀行 梅田支店
06-6315-1122

三井住友銀行[教育ローン]ウェブサイト