学外実習の魅力in堺ユースサッカーフェスティバル

2015-08-12 (水) 10:46 スポーツトレーナー,トレーナー活動

『第六回 堺ユースサッカーフェスティバル ㏌ J-GREEN堺』

今年で第六回大会となりました「堺から世界へ」をテーマに、真夏の高校生サッカー大イベントの「堺ユースサッカーフェスティバル」に、医療ブース担当として、今大会も平成医療学園専門学校の教員スタッフと学生が協力し合い、選手の怪我による処置などをサポートさせていただきました。

日 程:平成27年7月20日(月)~ 7月29日(水)10日間
参 加: 参加チーム数 198チーム (Aチーム:196チーム、Bチーム:107チーム 計303チーム)

DSC_0300

DSC_0074

DSC_0046

この大会の魅力は、全国から参加している強豪チームや、また海外からはベトナムのチームが参加しており、試合内容のグレードの高さを感じることができる点と、目の前で怪我をした選手を素早く処置しなければならない技術や判断力が求められるスポーツ現場であるという点です。
学びたいと自分から積極的に参加する学生が一番実りのある大会です。

IMG_0262

IMG_0230

DSC_0106

DSC_0028

学生時代にサッカーはやっていなかったから、経験していないから、だからできない。では、どのスポーツ現場や医療現場に行っても通用しないでしょう。
大会中における怪我人や、事前に怪我をしていながらも試合に出続けている選手もたくさんおります。
多い日は、1日で80名程の怪我人の対応を行います。
痛めている選手に、テーピングで固定をしてあげたり、ストレッチをして伸ばしてあげたり、バッティングで出血する選手の対応や、肉離れを鍼治療で和らげてあげる所を目の前で見ることがとても勉強になります。

DSC_0256

DSC_0212

DSC_0134

DSC_0006

実際に、スポーツトレーナーを夢見て入学する学生も多いと思いますが、いざスポーツ現場に来て、目の前に苦痛な顔をした怪我人を診てあげることができるのか?どの様に痛めたのか?どう診断をして処置してあげるのか?処置してから、その選手に対し今後のことをどうアドバイスしてあげられるのか?
そんなことを前向きに考えることができれば、来年の夏はもっと自分自身を成長させることができると思います。

DSC_0149

DSC_0168

これが平成医療学園専門学校の学外実習の魅力です!

=====================================
平成医療学園専門学校は、「平成の医療人」たる
柔道整復師・鍼灸師を養成する大阪の専門学校です
HP:http://www.heisei-iryo-gakuen.ac.jp/

TEL:0120-1049-91 事務室受付時間:月曜日~金曜日 10:00~18:00
⇒ 資料請求 / ⇒ 来校予約
======================================

ページの上部へ