女性から求められるニーズの高い女性柔道整復師

2012-11-22 (木) 16:21 柔整学科

柔道整復師の仕事は「骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷」などの治療を行います。
“ケガを治す”と聞くと投薬や手術などを思い浮かべますが、柔道整復師はそれらに頼らず、自らの手技によりケガを治療します。

柔道整復師の治療法である柔道整復術は、柔術(柔道)からきたものであり、解剖学や整形外科学、柔道を通して柔道整復術を学びます。

そのため、柔道整復師として活躍しているのは男性のイメージが強くあります。
時代の変化に伴い、最近では男性だけでなく女性の柔道整復師のニーズも高まってきています。

損傷を受ける部分は状況によって様々です。
指や足首などであれば着衣のままですみますが、肩や股関節の場合であれば、服を脱いで治療する必要があります。

特に女性の方であれば、男性の前では服の脱衣に抵抗を感じることもあります。
だからこそ、女性から求められるようになってきているのが女性柔道整復師の存在です。

女性の柔道整復師がいる整骨院(接骨院)であれば、女性であることを理由に受診したいという女性の方も多くいます。
また、柔道整復師の資格を取る過程では、様々な病気のことも勉強するため、その知識をもとに婦人科系疾患などのアドバイスをすることもできます。
女性のことは同性である女性の方が理解でき、また現在の悩みなども話しやすいですよね。

だからこそ、女性柔道整復師は女性から求められるニーズの高い仕事です。

また近年勢いを増す女性スポーツ選手のサポート役としても活躍できるのが、女性柔道整復師です。
スポーツトレーナーとして活躍する柔道整復師は、女性スポーツ選手のケガやリハビリなどのサポートから、 生活面まで様々なサポートをすることができます。

平成医療学園専門学校では、スポーツ業界とも深く関わりがあります。
中でもなでしこリーグのスペランツァFC大阪高槻とパートナーシップ契約を結び、女性スポーツトレーナーの育成にも力を入れています。

武道から発達した柔道整復師を目指すには、「女性の力で不十分では?」と思われるかもしれませんが、男性に比べ力はなくとも身体の仕組みや力の作用の仕方を理解して行うため、女性だからというハンディキャップはありません。

将来は、女性による女性のための治療院、スポーツの分野で活躍する女性のため、
女性からのニーズが高い女性柔道整復師を目指してみませんか?

【学校説明会・個別学校見学会・相談会】
・次回の学校説明会は、12月5日(水)18:30~、又は12月16日(日)13:00~となります。
・平成医療学園専門学校では、個別の学校見学会・相談会を随時開催しております。

⇒参加ご希望の方はこちらから
http://www.heisei-iryo-gakuen.ac.jp/eventreq/

【入試情報】
12月16日(日) AO・公募推薦・一般 入試を実施します。【出願期間は12月3日(月)~12月12日(水)】
*AO入試での受験される場合はエントリーシートを12月2日(日)までに提出し、出願期間内に出願手続きを行ってください。
*不明な点があれば入試事務局までお問い合せください。

12月5日(水)に夜間AO入試を実施します。
 11月18日(日)までにエントリーシートを提出された方は、11月30日(金)までに出願手続きを行ってください。

⇒各入学試験の情報はこちらから
http://www.heisei-iryo-gakuen.ac.jp/admission/program.html#01

=====================================
平成医療学園専門学校は、「平成の医療人」たる
柔道整復師・鍼灸師を養成する大阪の専門学校です
HP:http://www.heisei-iryo-gakuen.ac.jp/

TEL:0120-1049-91 事務室受付時間:月曜日~金曜日 10:00~18:00
⇒ 資料請求 / ⇒ 来校予約
======================================

ページの上部へ