テーピング療法を学んでスポーツを楽しむ人を支える柔道整復師になろう

2012-11-30 (金) 20:51 スポーツトレーナー

スポーツ選手がテーピングをしている姿を皆さんもよく目にしたことがあるかと思います。
「テーピング」はケガの予防・再発を防ぐためにもスポーツ選手やスポーツを楽しむ人には欠かせない治療法です。

主にテーピングをする目的は、次のようなものになります。

「関節を固定することによって、骨などを保護すること」
「関節運動を固定(制限)することで、その範囲内で動作させること」
「患部を圧迫する緊急処置として、出血をおさえたり痛みを和らげること」

テーピングは、症状や患部の大きさにあわせて巻くなど、様々な巻き方があります。
巻き方により、ケガの予防、痛みを和らげると同時に、症状の悪化、さらには再発を防ぐことができます。
また症状に合わせてテープを選ぶことも重要です。

このテーピング療法は比較的に新しい治療法ですが、現在ではスポーツの分野では注目の治療法です。

平成医療学園専門学校ではスポーツトレーナー育成に力を入れています。
そのため、スポーツトレーナーを目指す方は「トレーナーゼミ」において、より実践的なテーピング療法を学ぶことができます。

さらに、「キネシオテーピングゼミ」により筋肉を保護し、患部の回復を助けるキネシオテーピングによるテーピング療法が学べます。

柔道整復師は捻挫や打撲、骨折、脱臼とスポーツを通して負ったケガを治療することも多く、テーピング療法を学ぶことはスポーツを楽しむ人を支えることにもつながります。

プロのアスリートに限らず、多くの一般の方々もスポーツを楽しんでいます。
柔道整復師は治療を通して人の健康を守るだけでなく、スポーツを楽しむ方のスポーツライフまでも支えることができる仕事です。

また、人の身体の構造を理解している柔道整復師だからこそ、より効果的なテーピングを行うことができるなど、プロスポーツの現場でもその活躍が注目されています。

何らかのアクシデントが起こった時に、テーピングなどに詳しく、適切な処置を施してくれる柔道整復師がいたら安心ですよね。

多くの人の健康を支えるリアルな知識と技術が学べる平成医療学園専門学校で柔道整復師としてを目指してみませんか?

【学校説明会・個別学校見学会・相談会】
・次回の学校説明会は、12月5日(水)18:30~、又は12月16日(日)13:00~となります。
・平成医療学園専門学校では、個別の学校見学会・相談会を随時開催しております。

⇒参加ご希望の方はこちらから
http://www.heisei-iryo-gakuen.ac.jp/eventreq/

【入試情報】
12月16日(日) AO・公募推薦・一般 入試を実施します。【出願期間は12月3日(月)~12月12日(水)】
*AO入試での受験される場合はエントリーシートを12月2日(日)までに提出し、出願期間内に出願手続きを行ってください。
*不明な点があれば入試事務局までお問い合せください。

12月5日(水)に夜間AO入試を実施します。
 11月18日(日)までにエントリーシートを提出された方は、11月30日(金)までに出願手続きを行ってください。

⇒各入学試験の情報はこちらから
http://www.heisei-iryo-gakuen.ac.jp/admission/program.html#01

=====================================
平成医療学園専門学校は、「平成の医療人」たる
柔道整復師・鍼灸師を養成する大阪の専門学校です
HP:http://www.heisei-iryo-gakuen.ac.jp/

TEL:0120-1049-91 事務室受付時間:月曜日~金曜日 10:00~18:00
⇒ 資料請求 / ⇒ 来校予約
======================================

ページの上部へ