スポーツ外傷に強い臨床家~柔道整復師・鍼灸師~

2012-11-26 (月) 17:33 スポーツトレーナー

体の健康にもよく、競技としても人気のあるスポーツ。
楽しさや仲間の輪、健康、希望などスポーツが私たちに与えてくれるものは数多くありますが、その中にはスポーツを通して起こってしまうケガがあります。
特にスポーツを通して起こるケガを「スポーツ外傷」と呼びます。

「スポーツ外傷」とは、不十分なウォームアップなどが原因でアキレス腱断裂、肉離れ、捻挫、脱臼、さらに、転倒などによる骨折などのことで、大きな外力が加わることにより起こる「突発的なケガ」のことです。

またそれとは別に、「スポーツ障害」というものもあります。
スポーツ障害とは、運動により繰り返される過度の負担が蓄積し、痛みや、はりなどといった慢性症状が発生した状態で、野球肘、テニス肘、ランナー膝、疲労骨折、アキレス腱炎などがありますが、重症になると日常生活にも影響を与えかねないものです。

そんなスポーツ外傷・障害が起こる状況に置かれた時に頼りになるのが、柔道整復師鍼灸師です。

どちらも医療系の国家資格であり、直接診断・治療が認められています。
柔道整復師は武道(柔道)の現場で発展を遂げ、スポーツが起因となる「外傷・障害」の治癒を得意としています。また鍼灸師は痛みや痺れの緩和、コンディションの維持などに大きく貢献することができます。

人体の構造や病気に関する知識を持ち合わせている柔道整復師・鍼灸師だからこそ、スポーツ外傷・障害の治療においてもその強みを発揮することができます。

また、柔道整復師・鍼灸師の特長のひとつである「自然治癒力を高める」ことで治療を行うため、体にも負担をかけず、治療後の復帰もスムーズに行うことができます。

スポーツ選手の健康管理をはじめ、スポーツ外傷・障害の診断・治療には専門的知識が不可欠ですが、それを任せられるのが医療従事者である柔道整復師・鍼灸師です。
そのため、柔道整復師・鍼灸師はスポーツトレーナーとして活躍することができます。

平成医療学園専門学校では、ガンバ大阪スペランツァFC大阪高槻の協力のもとプロスポーツの現場でも活躍できるスポーツトレーナーの育成にも力を入れています。

スポーツ外傷に強い臨床家を育成するため、スポーツトレーナーゼミトレーナー育成プログラムを用意するなど、徹底したサポートを行っております。
将来はガンバ大阪やスペランツァFC大阪高槻への研修に参加できるなど、平成医療学園専門学校だからこそできるサポートも充実しております。

スポーツ外傷に強い臨床家、スポーツトレーナーになるため、柔道整復師・鍼灸師の国家資格を平成医療学園専門学校で目指してみませんか?

***ガンバ大阪の現役トレーナーに会えるスポーツトレーナーセミナー開催中***

次回12月16日(日)13:00~ガンバ大阪のユース・ジュニアで活躍するトレーナーによる【スポーツトレーナーセミナー】を開催いたします。

スポーツの現場で必要とされる技術の体験実技からトレーナー自身のリアルな声が聞ける貴重な機会なので、スポーツトレーナーに興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

【学校説明会・個別学校見学会・相談会】
・次回の学校説明会は、12月5日(水)18:30~、又は12月16日(日)13:00~となります。
・平成医療学園専門学校では、個別の学校見学会・相談会を随時開催しております。

⇒参加ご希望の方はこちらから
http://www.heisei-iryo-gakuen.ac.jp/eventreq/

【入試情報】
12月16日(日) AO・公募推薦・一般 入試を実施します。【出願期間は12月3日(月)~12月12日(水)】
*AO入試での受験される場合はエントリーシートを12月2日(日)までに提出し、出願期間内に出願手続きを行ってください。
*不明な点があれば入試事務局までお問い合せください。

12月5日(水)に夜間AO入試を実施します。
 11月18日(日)までにエントリーシートを提出された方は、11月30日(金)までに出願手続きを行ってください。

⇒各入学試験の情報はこちらから
http://www.heisei-iryo-gakuen.ac.jp/admission/program.html#01

=====================================
平成医療学園専門学校は、「平成の医療人」たる
柔道整復師・鍼灸師を養成する大阪の専門学校です
HP:http://www.heisei-iryo-gakuen.ac.jp/

TEL:0120-1049-91 事務室受付時間:月曜日~金曜日 10:00~18:00
⇒ 資料請求 / ⇒ 来校予約
======================================

ページの上部へ