キックボクシング大会のトレーナー活動に帯同しました

2017-07-26 (水) 10:10 スポーツトレーナー,トレーナー活動,教職員Blog

みなさん、こんにちは。
事務室の中西です。

 

先般、柔道整復師科教員の近藤先生と、同じく柔道整復師科講師の稲垣先生に帯同して、
キックボクシングの大会の取材に伺いました。

近藤先生と稲垣先生は、格闘技の分野でのトレーナー活動、
大会でのメディカルスタッフ活動に長く携わっておられます。

20170702-59

 

試合中は万一に備えてリングサイドに待機します。

個々の試合は長くて十数分程度ですが、先生方は試合前のドクターチェックから、
最後の試合の終わる時間まで、丸一日臨戦態勢…タフなお仕事です。

鍛え上げた肉体をぶつけ合う格闘技の現場では、
切り傷、擦り傷、骨折、脳震盪など、たくさんの外傷が発生します。

選手が反則負けになってしまいますから、試合中に手を出すことができませんが、
意識を失って倒れこんだり、緊急対応が必要な場面ではリングに飛び込んでいきます。

20170702-73

 

選手の状態はどうなのか、この場でできる処置は、この後必要な対応は、など
冷静に迅速に判断しなければなりません。

危険を伴うスポーツだからこそ、バックアップするスタッフの存在が非常に重要です。

20170702-634

 

格闘技と言うと野蛮なイメージを持たれる方もいるかと思いますが、
選手たちは対戦相手と戦うと同時に己と戦っています。

 

仲間と信頼関係を築き、家族や友人らに支えられてリングに登ります。

勝って祝杯を上げる選手もいれば、怪我をして病院に搬送される選手もいます。

リングの上にも外にも、美しいドラマがありました。

20170702-462

20170702-366

20170702-594

 

取材に協力してくださった主催者様、選手の皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました。

 

この日は、本校の学生もトレーナー活動の見学に来ていました。

格闘技が好き、格闘家を支える活動がしたいという方は是非平成医療学園専門学校へ!

20170702-853

=====================================
平成医療学園専門学校は、「平成の医療人」たる
柔道整復師・鍼灸師を養成する大阪の専門学校です
HP:http://www.heisei-iryo-gakuen.ac.jp/

TEL:0120-1049-91 事務室受付時間:月曜日~金曜日 10:00~18:00
⇒ 資料請求 / ⇒ 来校予約
======================================

ページの上部へ