スポーツトレーナー プロスポーツチームとのつながり

プロスポーツチームとの
パートナーシップにより
一流の現場での貴重な体験ができる!

ガンバ大阪とのつながり

ガンバ大阪

写真

(C)GAMBA OSAKA

ガンバ大阪とのパートナーシップ契約
平成医療学園は2004年以降、Jリーグガンバ大阪のスポンサーとしてパートナーシップ契約を結び、ガンバ大阪と共に歩んでいます。
具体的には、在学中にスポーツトレーナーゼミで学び医療資格を取得した卒業生が、ガンバ大阪アカデミーのトレーナーとして研修を積むことができる機会の提供や、トップレベルの現場で培った知識や技術を、スポーツトレーナーゼミや見学実習により教育現場にフィードバックするなど、スポーツトレーナー育成に向けて活発な交流を行っています。
ガンバ大阪発・世界レベルの貴重な体験
ユースからトップチームへ数多くの選手を送り出しているガンバ大阪は、ジュニアユース・ユース世代から海外遠征を経験させるなど世界基準の選手育成を目指しています。そのようなチームのトレーナーだからこそ、海外遠征への帯同のチャンスがあったり、さらにその実績・経験が評価され、Jリーグのユース選抜チームの海外遠征に帯同するチャンスが訪れたりと、可能性はどんどん広がります。世界基準でのチーム作りを目指しているガンバ大阪だからこそ訪れる貴重な体験のチャンスも魅力となります。

> 海外活動実績(2010年以降)

□ヨーロッパ
  • スペイン
    1. 【ガンバ大阪ユース/ジュニアユース】海外遠征(2010)
    2. 【ガンバ大阪ユース/ジュニアユース】海外遠征(2011)
    3. 【ガンバ大阪ユース/ジュニアユース】海外遠征(2012)
    4. 【ガンバ大阪ユース/ジュニアユース】海外遠征(2013)
    5. 【ガンバ大阪ユース/ジュニアユース】海外遠征(2014)
    6. 【ガンバ大阪ジュニアユース】海外遠征(2015)
  • オランダ
    1. 【U-14 Jリーグ選抜】海外キャンプ(2010)
    2. 【U-16 Jリーグ選抜】海外キャンプ(2011)
    3. 【U-14 Jリーグ選抜】海外キャンプ(2011)
    4. 【ガンバ大阪ユース】海外遠征(2013)
  • スウェーデン
    1. 【U-14 Jリーグ選抜】海外キャンプ(2014)
    2. 【U-14 Jリーグ選抜】海外キャンプ(2015)
□南米
  • ブラジル
    1. 【U-15 Jリーグ選抜】海外キャンプ(2011)
    2. 【U-15 Jリーグ選抜】海外キャンプ(2013)
    3. 【U-15 Jリーグ選抜】海外キャンプ(2014)
    4. 【U-15 Jリーグ選抜】海外キャンプ(2015)
□アジア
  • 中国
    1. 【U-14 J リーグ選抜】海外キャンプ(2012)
    2. 【ガンバ大阪ジュニアユース】
      マンチェスター・ユナイテッドプレミアカップ2012(2012)
  • タイ
    1. 【U-13 Jリーグ選抜】海外キャンプ(2012)
    2. 【U-13 Jリーグ選抜】海外キャンプ(2015)
  • ミャンマー
    1. 【U-12 Jリーグ選抜】海外キャンプ(2014)
  • マレーシア
    1. 【ガンバ大阪ジュニアユース】海外遠征(2014)
    2. 【U-16 Jリーグ選抜】海外キャンプ(2015)
  • ベトナム
    1. 【ガンバ大阪ジュニアユース】海外遠征(2015)
    2. 【U-13 Jリーグ選抜】海外キャンプ(2014)
    3. 【U-13 Jリーグ選抜】海外キャンプ(2015)
    4. 【U-14 Jリーグ選抜】海外キャンプ(2015)
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

ガンバ大阪で活躍する卒業生の
インタビューはこちら

スペランツァ大阪高槻とのつながり

スペランツァ大阪高槻

女子トレーナーの需要高まる
ワールドカップでのなでしこジャパンやオリンピックでの女子選手の活躍が追い風となり、女子スポーツが注目される中、女性トレーナーへのニーズが急速に高まっています。本校では2012年4月より、なでしこリーグのコノミヤ・スペランツァ大阪高槻とパートナーシップ契約を結び、ガンバ大阪と同様に平成医療学園の卒業生をトレーナーとして派遣しています。 今後も女性トレーナーの需要が高まる傾向が続いており、本校へ寄せられるトレーナー派遣の相談でも、女性トレーナーを望む声が増えています。
女子選手が求める女子トレーナーへの期待
チーム状況によりトレーナーに求められる役割は異なりますが、急速に発展している女子チームでのトレーナーの役割は多岐にわたります。本来のトレーナーの仕事である[ケガ発生時の応急処置・医療機関への搬送][ケガ後の競技復帰に向けた対応][ケガ予防・再発防止のための対応][コンディショング管理] に加えて、マネージャー的な仕事や、選手のメンタル面でのフォローなど、女性だからこそあるいは女性にしかできない、役割がたくさんあります。
  • 写真

    テーピング

  • 写真

    練習前のマッサージで筋肉をほぐす

  • 写真

    マネージャー的な仕事も多い

女性トレーナーのインタビュー
はこちら

このほかにも、多数のスポーツチームとのつながりがあります。

Vリーグチーム・プロ野球球団・
追手門学院大学アメリカンフットボール部・
追手門学院大学ラグビー部・
甲南大学ラグビー部・Jリーグアカデミー など