スポーツトレーナー 活躍の幅を広げるなら、断然「医療系国家資格を持つトレーナー」!平成医療学園で現場が求めるトレーナーを目指そう。

スポーツトレーナーとは?

スポーツトレーナーは、コーチやドクターと連携・協力し、スポーツ競技大会や試合などに出場する選手がベストな状態で競技できるよう、健康管理やコンディション調整を行います。さらに、スポーツの現場でのけがに対して、その評価や応急処置、医療機関への搬送、選手の競技復帰に向けた処置・教育・トレーニングを行うのも重要な仕事です。

スポーツトレーナーは、大きく分けて2つの分野があります。

写真

写真

スポーツトレーナーの種類

けがの処置・回復を担当!メディカルトレーナー
テーピング、アイシングといったけがの予防や手当てに加え、競技復帰するまでの教育・リハビリテーション、スポーツマッサージなどを行います。
身体能力の維持・強化を担当!フィジカルトレーナー
コンディションの維持・向上、けがの再発予防のためのトレーニングプログラムの作成や、ウォーミングアップ、クールダウンなどの指導を行います。

スポーツトレーナーになるには、どんな資格が必要ですか?

「スポーツトレーナー」という資格はありません。医療系国家資格を取得することが第一歩です!

現在、日本に「スポーツトレーナー」という国家資格はありません。実際にスポーツトレーナーとして活躍している人の半数以上は、「柔道整復師」「鍼灸師」「理学療法士」などの国家資格を取得しています。これらの国家資格を持つことで、医療行為を行うことができるからです。なお日体協が認定するアスレティックトレーナー(AT)という資格は、国家資格ではありません。

写真
資格 種別 医療行為
柔道整復師・鍼灸師 国家資格 できる
アスレティックトレーナー(AT) 民間資格 できない

平成医療学園では、国家資格である「柔道整復師」「鍼灸師」の資格を目指すことができます。
また、アスレティックトレーナー(AT)資格に必要な科目が履修できるカリキュラムを編成しています。

なぜ医療系国家資格者(柔道整復師・鍼灸師)がスポーツ現場で求められるのか?

国家資格は、専門知識と技術を身につけていることの証明。それを生かした仕事の幅広さや高い
専門性に期待が寄せられています。

01アスリートに医療行為を行うことができる!

写真

日本の法律で「人の体に触れて医療行為を行うには、医療系の国家資格を保有する者に限る」と定められています。したがって、医療系の国家資格を持っていなければ、アスリートがけがをしている状況にあっても体に触れることができないということになります。また、現場では、1人のトレーナーに長く診てもらいたいと考える傾向にあります。医療系国家資格を持っていれば、自身の判断で適切な施術を行うことができるため、打撲・脱臼・骨折・捻挫やその他のけが・故障への処置に加え、けがからの回復や日々のボディケアもできるトレーナーとして、チームや選手1人ひとりと長く付き合い、そのニーズに応えることができます。

02国家資格取得者という社会的信頼度の高さ!

写真

チームによっては、医療系国家資格がなければトレーナーとして活動ができないこともあります。国家資格は、専門知識と技術を身につけていることの証明です。「資格がある人」と「資格がない人」では、社会的信頼度の高い「医療系国家資格取得者」が選ばれるのは当然のことといえるでしょう。

03治療家としてスポーツに関わり続けることができる!

写真

トップレベルで活動するトレーナーは、選手と同様、プロ契約が一般的です。実力が認められれば夢が無限に広がっていく反面、あらゆる要因によって突然その職を失うリスクもあります。しかし、柔道整復師・鍼灸師には開業権があるため、整骨院・鍼灸院を開業することができます。医療人に転身しても、トレーナーの経験をもとにスポーツ外傷・障害に強い治療家としてスポーツに関わり続けることができるというメリットがあるのです。

プロのトレーナーとして活躍するには、医療系国家資格は必要不可欠!

ページの上部へ