どんな仕事をしていた!?平成医療学園入学を機に、他業種から医療の道に進んだ方々をご紹介します。BEFORE → AFTER

平成医療学園には、全く別の業種から医療の道を志して入学される方がたくさんおられます。その転身のスタイルは、実にさまざま。
医療という未経験の分野に挑戦し、平成医療学園での学びを経てどのように新たな一歩を踏み出したか、リアルな声をお届けします。

画像

画像

実は元プロ野球選手でした!

プロ野球選手として活動している間は、その後の人生については考える間もありませんでした。しかし、ケガをして選手生命に限界を感じたとき、スポーツ以外のことができるのだろうかと自問自答する日々に。そして、浮かんできたのが柔道整復師でした。選手時代、ケガや故障でお世話になった平成医療学園の先生を思い出し、「スポーツする側」から「支える側」へと転身しました。平成医療学園は臨床経験豊富な先生が多く、授業中にリアルな経験談をたくさん聞かせてもらえます。その時聞いた話は、今も患者さんと接する折に参考にさせてもらっています。例えば、最近はネット社会なので事前にご自身であれこれ調べて来院される方もおられます。その方々に納得して治療を受けていただくためには、経験に裏付けされた説得力が必要。常に技術を磨き、貪欲に学ぶ姿勢を忘れてはいけません。先生方の体験談からこうした心構えを学び、治療家としての一歩を踏み出せたと思います。

画像画像

三東 洋さん柔道整復師科 2014年卒業

2002年阪神タイガースに入団し牽制の名手として活躍。2007年に引退して以降は治療家の道へと進み、2015年に日常鍼灸整骨院を開業。

三東洋さん

Hiroshi Santou

ページの上部へ