鍼灸師科

3年制
昼間Ⅰ部 [ 9:00~12:10 ]
昼間Ⅱ部 [ 13:00~16:10 ]
夜間Ⅲ部 [ 18:00~21:10 ]

メインイメージ

第一線で活躍する治療家から
現場での体験が学べるのが魅力。

鍼灸は「鍼(はり)」や「お灸(きゅう)」を使って、人間がもっている自然治癒能力を高めるものです。その理論を理解し、実技実習を通し臨床能力を養います。近年では、スポーツ障害の治療や予防・回復などができるほか、ドーピングなどの問題で薬の使用制限がある選手の体調管理にも対応できます。また、介護・福祉、美容やリラクゼーションの分野にも取り入れられています。平成医療学園では、3年間の系統立てた学習で国家試験合格と臨床力の習得を目指します。

3年間の流れ

  • 1年
    医療専門職に欠かせない解剖学などの基礎を学び、はり・きゅうの実技も始めます。
  • 2年
    実技に加え、東洋医学臨床論やはりきゅう
    理論など、専門分野の習得を進めます。
  • 3年
    演習や臨床実習など、臨床の現場ですぐに役立つ技術を実習形式で身につけます。

鍼灸師とは?

はり師ときゅう師の2つの国家資格を持つ医療技術者のことです。
「鍼(はり)」と「お灸(きゅう)」を使って、人間が本来持っている自然治癒力を高める治療を行います。治療に副作用が少ないことから、西洋医学に鍼灸の治療を取り入れる病院も増えています。

卒業後の活躍フィールド
  • 鍼灸治療院勤務・開業
  • スポーツトレーナー
  • 病院勤務
  • アスリートの専属トレーナー
  • 介護福祉施設勤務
  • 鍼灸師教員養成校への進学
  • 美容関連施設勤務
取得可能資格
  • はり師・きゅう師
  • アスレチックトレーナー[JATAC・ATC]の認定資格
  • アロマテラピー認定資格
  • 普通救命講習修了証
  • スポーツリーダー
  • 初級障がい者スポーツ指導者

学びの4POINTS

  1. 基礎学力を徹底的に固める。
    解剖学や生理学を繰り返し学び、人体の構造を徹底的に習得します。臨床で患者さまの異常にいち早く気づけるのは、この基礎が身についているからこそ。治療家として最も重要な部分です。
  2. 1年かけてじっくり基礎実技を習得。
    鍼灸の上達はとにかく練習が第一。平成医療学園ではゆとりあるカリキュラムを組みじっくり実力を磨きます。繰り返し練習することで技術の向上だけでなく自ら考え工夫する力も養われます。
  3. フォローアップとスキルアップ授業の充実。
    放課後を使って苦手科目の克服とスキルアップのための授業を設けています。実践型で、特別講師による指導も充実。受講の度、漠然とした夢が明確なビジョンに変わります。
  4. 豊富な学外実習で実践力アップ。
    スポーツの現場や老人介護施設など学外施設への見学・実習のチャンスが多数!実践的な経験を積めば積むほど鍼灸師という仕事への理解が深まり、自身の課題発見・解決にも役立ちます。

在校生INTERVIEW

写真

今の努力がきっと力になる!
心身をケアできる医療人に。

鍼灸師とアスレチックトレーナー、両方の資格を取得できることから平成医療学園を選びました。最初は全く知らないことばかりでしたが、座学や実技を交えて学ぶうちに新しい知識を得ることにワクワクするようになりました。特に東洋医学の考え方は新鮮!とても興味深い分野です。こんなに勉強がおもしろいと感じるようになったのは、やっぱり平成医療学園に入学して以来コツコツ努力する大切さを学んだからだと思います。「今努力していれば3年後の国家試験では必ず合格できる!」との先生の言葉が大きな励みになっています。今後も患者さんの心身をケアできる医療人を目指して頑張ります。

鍼灸師科 昼間Ⅰ部 2年
浜辺 せりかさん 西宮市立西宮高等学校卒業

写真

学科長からのメッセージ

写真

東洋医学的な経験を積み、
幅広い分野で活躍できる鍼灸師に。

「鍼(はり)」や「お灸(きゅう)」を用いて人間本来の自然治癒力を高める鍼灸。その有効性や安全性は世界から注目を浴びています。平成医療学園では基礎的知識から東洋医学の基礎、応用、そして臨床と段階的に知識と技術を身につけ、患者さまに心から寄り添える真の医療人を育てます。また近年は、美容、健康、スポーツ、介護といった幅広い分野で鍼灸を生かし活躍できる人材の育成にも力を入れています。

鍼灸師科学科長
内野 容子先生

カリキュラムを見る

ページの上部へ