学外実習

月に12回以上!豊富な実習で経験を積める!

平成医療学園では、他校にはない多彩な学外学習プログラムによってスポーツトレーナーを志す学生の夢を全力でサポートします!
例えば、トライアスロン、マラソンなどの試合にトレーナーとして参加し、第一線で活躍するアスリートたちに直接ケアするチャンスも。
普段では決して味わえない緊張感のなか、迅速かつ適切な対応を求められる貴重な経験です。
こうしたプロフェッショナルの場での学びは、メディカルスタッフという仕事への意識を高め、学習意欲を一層加速させます。
練習”ではなく“真剣勝負”の場に立つこと。これが、平成医療学園流の実践力の磨き方です。

主な学外実習リスト(平成27年度実績)

【年間通しての実習先】
● 追手門学院大学 ラグビー部 ●アメリカンフットボール部(大阪府茨木市)
● 甲南大学 ラグビー部(兵庫県神戸市)
● なでしこリーグ コノミヤ・スペランツァ大阪高槻

□実習の様子

  • 写真 堺ユースサッカーフェスティバル
  • 写真 甲南大学 ラグビー部
  • 写真 追手門学院大学ラグビー部
  • 写真 なでしこリーグ スペランツァ大阪高槻
  • 写真 日本学生トライアスロン選手権大会
  • 写真 Jリーグアカデミー(U-13)
    トレーニングキャンプ
  • 写真 キックボクシング大会 Deep Kick
  • 写真 Jリーグアカデミー(U-14)
    トレーニングキャンプ
  • 写真 Jリーグアカデミー(U-16)
    トレーニングキャンプ

Students VOICE

授業では気づかなかった!トレーナーの存在意義を実感しました

平成医療学園の豊富な学外実習制度に惹かれて入学を決めました。実際2度もJリーグのユースのトレーナーを経験でき、グラウンドだけではない選手とのかかわり方や迅速な判断力など、トレーナーがチームに及ぼす影響の大きさを実感しました。また、期間中に得た気づきや疑問をその後の授業やトレーナーゼミでフィードバックできたことも力になったと思います。

柔道整復師科 昼間Ⅱ部 3年 谷口 凌馬さん
大阪府立芥川高等学校卒業
(JリーグアカデミーU-13トレーニングキャンプ・Jリーグ U-17チャレンジカップに参加)

谷口 凌馬さん
学外実習を機にチームに対する意識が変わりました!

学外実習の現場では、選手の体調管理だけでなく、監督、コーチを含めチーム全体が求めていることを素早く察知し素早く行動しなければいけません。時には予想もしていない事態が起きることもあり、現場だからこそ味わえる緊張感や臨機応変さを学ぶことができました。学外実習を機に「常に広い視野でチーム全体を見よう」との意識が芽生えたと思います。

柔道整復師科 昼間Ⅰ部 3年 竹田 ゆりなさん
滋賀県立野洲高等学校卒業
Jリーグアカデミートレーニングキャンプ・
なでしこリーグ コノミヤ・スペランツァ大阪高槻・
ユースサッカーフェスティバルに参加)

竹田 ゆりなさん

ベトナム Jリーグアカデミー U-13&U-14のベトナム海外遠征に学生が参加しました!

写真

平成医療学園の学外実習は、将来プロサッカー選手を目指すJリーグアカデミーUー13、Uー14の海外遠征にも同行します。若い選手たちへ生活面の指導や、気候・風土の全く異なる環境下での体調管理など、ピッチだけではない選手との関係性に気づき、トレーナーとしての意識を覚醒させる10日間。プロの現場で得た学びと感動は、卒業後の進路にも影響を与える大きな財産です。

遠征のスケジュール U-13:2015年7月25日(土)~818日日間(土) U-14:2015年7月24日(金)~819日日間(土)
写真

知識や技術だけではない
高い意識が身につきました!

研修は日本と環境が全く違い、普段以上にチームに意識を注ぐ必要がありました。その成果があって広い視野でチームを見守り、常にアンテナを張って選手に目を配るという意識が身につきました。学生時代にプロの現場を経験できたことは貴重な経験です。

柔道整復師科 2016年卒業/鍼灸師科 昼間Ⅰ部 3年
田村 海之さん
私立比叡山高等学校卒業

田村 海之さん