平成の学生はなぜ成長できるのか?授業を探る part1

2015-10-14 (水) 11:45 

中島さんブログ画像

皆さんこんにちは!

広報室の中島です!
10月に入り過ごしやすい気温が続いていますね!
食欲の秋のせいなのか私の食欲が止まりませんが。。(笑)

それはさておき、今月から「平成の生徒はなぜ成長できるのか?」をテーマに
授業や先生方からその秘密を暴いていこうと思います!

卒業してからも強い平成の卒業生たち。

そんな卒業生たちは学生の頃に一体どんな授業を受けていて何を学んでいるのかなど、平成の強みや学びの環境をご紹介していきます!!

そして記念すべき第一回は【国対実技】の授業をご紹介!!

授業を担当されていたのは、石川先生。

DSC_0001

そして近藤先生。

DSC_0073

今回は実技の国家試験に相当する認定実技審査対策の授業を展開!

自分が何の検査を行っているのか、それをすることによってどんな効果があるのかを理解し、
ただ試験の対策の為に丸暗記をするのではなく、処置の意味を理解しながら授業をされていました!

学生たちも楽しみながら授業を受けていますね!

DSC_0008
DSC_0046

本番さながらで練習中。。

DSC_0079

先生と学生の距離が近くコミュニケーションがすごく取れていました!

そのため疑問点があれば学生が質問しやすい環境にあり、わからない事はその場ですぐに解決していました!!
わからないと思ったそのときに解決する。疑問に思える能力、質問できる能力も養っているようにも感じました!!

DSC_0021
DSC_0056
DSC_0017

実はこの認定実技審査。試験財団から派遣された先生と本校教員の立ち合いによって実施され、
合格しなければ、卒業ができなくなり国家試験も受けられません。。。

なのですごく難しい試験なんですが、平成では毎年合格率100%なんです。
取材をしてその結果もうなずけました!

試験対策だけをしているのではなく実際の患者さんを想定していたり、その処置をする理由や効果までしっかり理解して
授業を行っていたんですね!

病院勤務や開業をして臨床家として高い技術力を持つ石川先生。

元プロキックボクサーで格闘技のトレーナーとして様々な現場での経験をされている近藤先生。

生の現場を経験されておられる先生だからこそ学生達も感じるものも多いのだと思います。

認定実技審査全員合格に向けてみんな頑張れ!!

次回もまた授業に潜入していきますのでお楽しみに!!