学外実習~観音寺トライアスロン~

2014-09-12 (金) 14:27 

こんにちは!
広報室の住本です!

平成医療学園のFacebookでは少しご紹介しましたが、
9月7日に学外実習の一つ、観音寺トライアスロン(日本学生選手権大会)のメディカルスタッフとして参加させていただきました。

まずトライアスロンとは・・・

スイム:1.5㎞
DSC_0477

バイク:40㎞
DSC_0528

ラン:10㎞
DSC_0189

で順位を争う、大変体力を使う競技です。

当日、競技が始まるのは朝7:30スタートあって、私たちスタッフ、学生の皆さんは学校に17:00に集合し、貸し切りバスで宿舎まで移動しました。
途中猛烈な雨に遭遇しましたが、予定通り約3時間で無事に宿舎に到着しました。

到着後は初めましての学生さんも多かったので、晩御飯も兼ねて、学生さん同士の自己紹介を行ってもらいました。
その後は、同じ学校の仲間でもありますので、すぐに打ち解け、授業の話や、学校生活についてなどに盛り上がっていました。
DSC_0002DSC_0031

レース当日、平成医療学園ブースの設営からスタート。
ベッドを並べたり、選手が治療を受けられるようにタオルケットを敷いたり、アイシングを作ったりと、準備に追われていました。
DSC_0078DSC_0463DSC_0449DSC_0086DSC_0575DSC_0082

7:30まず女子の選手からスタート。
トッププレーヤーが集まっていますので、レース中は何事無くほとんど過ぎることが多いですが、トライアスロンは体力の限界を超えてゴールする選手が多いので、ゴールした瞬間に倒れる選手や、フラフラで真っ直ぐ歩けない選手がほとんどです。
DSC_0422DSC_0425

午後からは男子の選手がスタート。
間に昼食を取って元気注入中!!
DSC_0532

時には選手をサポートするだけではなく応援も!
DSC_0520

午後からは気温も上昇し、ゴールした瞬間に倒れる選手が多く見受けられました。
選手も全力を尽くしている姿を見れば、それに答えようと学生も全力でサポートしている姿がとても印象的でした。
DSC_0636DSC_0613DSC_0628DSC_0600

レースが始まればあっという間に時間は過ぎていきましたが、全力を尽くして崩れ落ちる人をサポートできる体験はそうあるものではありません。
学生さんにとっても良い経験になったのではないかなと感じています!!
タイトなスケジュールでしたが、皆様お疲れ様でした。
またサポートいただきました全柔協の先生方もありがとうございました!
DSC_0651DSC_0642

~参加学生の感想~
・最初は現場の緊張感にのまれていた部分もありましたが、この緊張感は現場に出ないとわからないものだと強く感じました。来年も是非参加したいです。

・普段交流のない学年やクラスの方とコミュニケーションが取れ、一丸となって救護に当たれてよかったです。

・優勝した選手も疲れているはずなのに、次のランナーがゴールするのを待って涙しながら抱き合っている姿は感動しました。

・脱力した選手は想像以上に支えるのが難しく安全に治療ブースに運ぶのも必死でした。

・トレーナー業務・大会の運営など、知識を学ぶだけではなく、目の前で一生懸命に頑張っている人の姿を見ることで、私自身の「生きる(頑張る)モチベーション」を上げることが出来るこの実習はとても大好きです。このような機会を与えてくださった、学校・トライアスロン協会の方に感謝です。

ページの上部へ