堺ユースサッカーフェスティバルに潜入しました!

2014-07-25 (金) 13:14 

入試広報室の住本です!!

長かった梅雨もようやく明け、夏本番の気候になってきましたが、皆さん体調は崩されていませんでしょうか?
本当に暑い日が続いていますが、この時期の平成医療学園は授業もアツいんです!!

それは堺ユースサッカーフェスティバルが開催中(7月21日~7月30日)だからです!

平成医療学園ではおなじみになりましたが、大阪府堺市にあります「J-グリーン堺」にて学外実習として学生が現場実習を行っております。
この堺ユースサッカーフェスティバルとは全国の高校サッカー部(約200校)が集まる大きな大会で、平成医療学園はメディカルスタッフとして参加しています。

Jグリーン堺には天然芝、人工芝合わせて14面のピッチがあり、この各ピッチサイドに教員と学生がもしものけがの際に処置をできるように待機をしています。
DSC_0583DSC_0710DSC_0529DSC_0716

サッカーワールドカップでブラジル代表ネイマール選手の骨折も記憶に新しいかもしれませんが、サッカーもケガが多い競技の一つです。

今回この実習でも骨折した選手や、捻挫、熱中症、流血など様々な症状で処置する機会がありました。現場ではこのような症状に対してスピーディーに対応し、診断、応急処置をしなければなりません。

そこで教員の指導の下、アイシングを作ったり、担架で運んだりしてできる範囲で学生にサポートしていただいています。
DSC_0217DSC_0781

また本部ブースではベッドを用意し、簡易的な治療ブースを設置しています。
ここにも毎日約70名の選手がケガの処置にやってきます。
DSC_0276DSC_0286DSC_0289DSC_0472
(オレンジポロシャツ:教員 白ポロシャツ:学生)

空き時間には学生同士で実技練習
DSC_0300

お昼休憩はみんなでお弁当!
DSC_0201

授業だけではわからないことを学生の皆さんは是非学んでくださいね!!

ページの上部へ