ガンバ大阪アカデミートレーナー「栄養学セミナー」を開催しました。

2015-02-06 (金) 09:52 

こんにちは。
鍼灸師科卒業生の佐藤です。
現在、ガンバ大阪アカデミーでトレーナーとして活動しています。

トレーナー業務は多岐に渡ります。
ケガの評価、ケガの処置、リハビリテーション、ケガの予防、体づくり、コンディション調整などなど。

ザッとあげるだけでいくつもある中で、今回はコンディション調整の一部である『食事指導』つまり『スポーツ選手の栄養学』について泉陽高校サッカー部へセミナーに行ってきました。
DSC_0142

会場はJグリーン堺。
練習ピッチとクラブハウスが併設されており、クラブハウス内レストランですぐに食事を摂れる抜群の環境です。

約2時間の練習を終えた選手たちに、事前にこちらで料理長とメニュー調整した『栄養フルコース型』とよばれる食事を食べてもらい、お腹を満たしたあとにスライドを使った講習といった流れでした。

DSC_0138

DSC_0137

内容は、
①スポーツと食事の関係
②スポーツライフの3要素(運動・栄養・休養)
③五大栄養素
④栄養フルコース型
⑤補食のすすめ
⑥サプリメント

毎日の食事。朝、昼、晩、なんとなく食べていませんか?
ボリュームと中味を吟味し、少し意識を変えてみては?という提案をしました。

体づくりをベースとしたパフォーマンスの向上、その結果として得られるもの、スポーツの場面だけではなく、成長期の高校生として普段から意識すること、文武両道を実現するためにも取り組むこと、についてガンバ大阪アカデミートレーナーとして普段ジュニアユースやユースの選手たちに指導していることを発信してきました。

難しいことを提案したわけではなく、日々、食事を摂る中で、少し意識し、食事を通した教育=『食育』が成果となり、心身ともに成長する高校生たちにとってパフォーマンスアップや成績アップの一役を担えれば!と思いました。

ページの上部へ